Sonar Blog

【ルアー釣り初心者必見】ルアー釣りの楽しさと基本的なテクニックを紹介

ルアー釣りとは、生きた餌ではなく、魚や虫に似せたルアー(人工餌)を使って、
水中で自然に動かして魚をおびき寄せる釣り方です。
これからルアー釣りを始める方のために、
ルアー釣りの魅力と基礎的な技術について簡単に説明します。

ルアー釣り

ルアー釣りは、魚や虫にそっくりなルアー(人工餌)を水中で動かして、魚を釣る釣り方です。
ルアー釣りを始める人にとって、ルアー釣りの魅力と基本的な技術を知ることが大切です。
以下は、ルアー釣りの楽しさを感じるためのポイントです。

見た目の美しさ ルアーは、魚や虫の色や形や動きを忠実に再現しています。
水中でキラキラと光るルアーを見るのはとても楽しいです。
判断力と戦術 ルアー釣りでは、魚の習性や反応を判断し、戦術を考える必要があります。
どんなルアーを選ぶか、どこに投げるかなど、状況に合わせて戦術を変えることが重要です。

釣りの快感 魚がルアーに食いついた時に感じる引きはダイレクトで強烈です。
その後の魚とのやりとり、釣り上げた時の達成感と喜びは格別です。

ルアー釣りは、魚がルアーに食いつく瞬間を逃さないように、
ダイレクトな引きを楽しむことができる釣り方です。
他の釣り方とは違ったスリルや楽しさを味わえます。

スモールマウスバス

初めてのルアー釣りのための基本的なテクニック

ルアー釣りは、魚や虫に似たルアー(人工餌)を水中で自在に動かして、魚を釣る釣り方です。
ルアー釣りを始める人は、ルアー釣りの魅力と基礎的な技術を覚えることが大切です。
以下は、ルアー釣りの楽しさを満喫するためのポイントです。

ルアーの動き
 ルアーは、魚や虫の姿や動きを忠実に再現しています。
 水中で輝くルアーの姿は目を楽しませてくれます。
 ルアーの選び方 初心者の方は、シンプルなデザインのルアーから試してみることをおすすめします。  シャッド型やミノー型のルアーは、多くの魚種に効果があります。

キャストのコツ
ルアーを正確に投げることが重要です。
キャストする前には、後ろに人がいないことを確認しましょう。
①リールのベールを開いて、竿の先からルアーの垂らし(30~50㎝くらい)
②後ろに竿を振りかぶって、竿を止めてから前に投げる動作に入ります。
③剣道の面を打つようにまっすぐ前に竿を振り抜く。
④竿が自分の耳の横を通って、時計の10時~11時ぐらいの角度になったら
 ラインを指で離して、ルアーを飛ばす。

繰り返し練習することで、正確なキャストができるようになります。


リトリーブの方法
ルアーを引き寄せる方法には、いろいろな方法があります。
スローリトリーブやファストリトリーブなど、
魚の状態や環境に合わせて 最適な方法を選びましょう。

フィーリングの大切さ
ルアー釣りでは、ルアーの感触や水中の状況を感じる「フィーリング」が大切です。
ルアーが水中を滑る感じや変化に気づき、
魚がルアーに食いつくタイミングを逃さないようにしましょう。

様々な場所での釣り
ルアー釣りは、川や湖だけでなく、海でも楽しめます。
海辺や船の上でのルアー釣りも素晴らしい体験となるでしょう。

ブラックバス用ロッド

シーバス(スズキ)・青物(イナダなど)用ロッド

釣具のキャスティング 楽天市場店
¥8,470 (2024/01/20 16:40時点 | 楽天市場調べ)

さいごに

まずは、竿とルアーを買ってやってみる事が1番だと思います。
身近に経験者がいるのであれば、一緒に行ってもらうことをお勧めします。
身近にいない場合は、テクニック動画など見てキャスト(投げる)だけ覚え、
川、池、海などでひたすら投げましょう。
ルアーのアクションはただ巻き(ただ巻くだけ)でも、
釣れることもありますし十分に楽しめると思います。
川や池、湖ではバス、イワナ、マスなどが、
海ではシーバス(スズキ)や鰆、イナダ(ブリの幼魚)、ヒラメ、カサゴなどの様々な魚が釣れます
是非この機会、ルアー釣りに挑戦してみてください。

関連記事

  1. 【タイラバ】タイラバ釣りにおすすめのベイトリールと選び方

  2. 【新潟県】エリア別 おすすめスキー場

  3. 【23-24】スノーボードウェアの選び方とおすすめブランド12選…

  4. 【スノーボード】 23-24シーズン グラトリ最適なボード選び方…

  5. 美しい景色と楽しいアクティビティ!木崎湖キャンプ場で最高のキャン…

  6. 23-24スノーボードビンディングの選び方・おすすめビンディング…

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る