Sonar Blog

釣りを始めてみませんか?楽しめる釣り方や道具を解説しています!(サビキ釣り編)

釣りを始める際、初心者でも手軽に始められるサビキ釣りをおすすめします。
まずは、サビキ釣りの楽しみ方を解説します。

サビキ釣りのやり方

サビキ釣りは、どこでもできる釣りです。
堤防や漁港、桟橋などでやってみましょう。
仕掛けに餌を入れたカゴを海に投げて、竿を揺らします。
餌がカゴからこぼれて、魚をおびき寄せます。
この釣り方なら、いろんな魚が釣れますよ。
釣りの醍醐味を楽しんでください!

サビキ釣りのセッティング 釣り竿を出す前に、ガイドに糸を通しておきます。
そうすれば、糸が絡まらないで済みます。 竿が出来たら、仕掛けをつけます。
厚紙にくっついたままつけると、絡まりにくくなります。
仕掛けをつけるときは、釣り具の説明書を見てください。正しいやり方でできますよ。
竿を出す前に、タモを用意しておくといいです。
何かが飛んだり落ちたりしたら、すぐに拾えますから。

エサの用意 カゴに餌を入れます。針にもエビなどをつけると、魚がよく釣れます。

投げると巻き取る セッティングが終わったら、餌を入れて投げます。
足元に仕掛けを入れてください。魚が寄せエサに集まってくると思ってください。
最初は浅いところから始めて、魚が釣れなかったら深くしていきます。
仕掛けを30〜50cm動かしながら、カゴから餌をこぼします。
それから、仕掛けをゆっくり落として、餌がこぼれたところに針を入れます。
魚が針にかかります。
餌はすぐなくなるので、足りなくなったら入れ直してください。

釣ると上げる 魚がかかると、竿が震えて手に感じます。
1匹かかったら、そのままにしたり、少し仕掛けを上げたりして、
他の針にも魚がかかるのを待ちます。
次に、ゆっくりリールを巻きます。待ちすぎると、仕掛けが絡んでしまうので気をつけてください。
たくさんの魚がかかっても、慌てないで、竿をしっかり持って、魚を寄せます。
魚が近づいたら、ネットや手で魚を取ります。下の針にかかった魚から順に外していきます。

最後に
海釣りでは、潮が良いときに魚がよく釣れます。
上げ潮や下げ潮のときです。
逆に、満潮や干潮のときは、魚もエサに興味を示しません。
そんなときは、釣れなくても気にしないで、休んだり、食べたりしてください。
行く場所の潮時表は、出かける前にチェックしておきましょう。
インターネットで簡単に調べられますし、 釣具店で小さな潮時表ももらえます。

サビキ釣りに必要な道具

サビキ釣りを行うためには、以下のような道具が必要です
こちらを参考にしてサビキ釣りを楽しんでください

釣り竿とリール

サビキ釣りには、竿とリールが必要です。初心者には、2~3m程度の竿がおすすめです。
リールには、ドラグと呼ばれる調整機能がありますので、
釣った魚の引きを調整することができます。
初心者の方には、釣り竿とリールなどがセットになった入門用の釣り具セットをおすすめします。

網(タモ)

釣った魚を取り出すために、タモ網が必要です。
海に物を落とした時にも使え、持っているととても安心です。

エサ

サビキ釣りのエサは、小さな魚やエビなどの生き餌です。
釣り場近くの釣具店で聞いて購入することお勧めします。

仕掛け

サビキ釣り仕掛けは、一本のラインに複数の釣り針が結ばれた仕掛けです。釣りラインの一方に釣り針を均等に配置し、もう一方にはウエイトを結びます。この仕掛けを水中に投入し、魚を誘い釣ることができます。

ライフジャケット

私も必ず着用しています。
釣り場によってはレンタルもあります。

ハサミ・プライヤー

ハサミは糸や仕掛けを切るために必要です
プライヤーは針を外す、魚をつかむ、など使い勝手は抜群。先端が細いタイプがおすすめです。

水汲みバケツ

ロープ付きバケツは、釣り場をきれいに片付ける際に役立つ便利な道具です。
このバケツは、釣れた魚を一時的に泳がせるために使用したり、手を洗うなどさまざまな用途に活用することができます

お魚つかみ/フィッシュグリップ

お魚つかみ、またはフィッシュグリップは、釣りの際に魚を確実に掴むための道具です。
安全で保護性があり、魚を傷つけずに掴むことができます。
取り扱いが簡単で便利であり、魚の安定した保持やフックの外し、写真撮影に役立ちます。

クーラーボックス

飲食物を冷やすのに、釣れた魚を新鮮な状態で持ち帰るために、クーラーボックスを用意しましょう。
なければ保冷バックでも代用できると思います

番外編 ~泳がせ釣り~

泳がせ釣りは、生きたアジなどの小魚をエサにして泳がせ、大物を狙う釣り方です。特に魅力的な点は、手軽に大物を釣ることができることです!仕掛けの構造や釣り方もシンプルで、活きエサが自然に泳ぎながら魚にアピールしてくれるので、テクニックを細かく磨く必要はありません。初心者の方でも多くのチャンスがあります。
泳がせ釣りの代表的な対象魚は、青物(ブリなど)やヒラメ、スズキ、根魚などの魚食魚(フィッシュイーター)です。サビキ釣りで釣った魚で、さらに大物を狙いましょう!

エサ(魚)を針に掛ける際は、エサが弱らないように素早く水中で針に装着しましょう。
仕掛けをキャストする際には、ゆっくりと竿を振ることが重要です。力強く投げようとすると、エサが崩れて針から外れたり、着水時の衝撃でエサが損傷してしまう可能性があります。
投入後はリールのドラグ(糸の引き出しを調整する機能)をゆるめて、エサの動きに合わせて糸を出しながら仕掛けを流してください。

上の仕掛けを使えば簡単にセッティングできます。
セッティングの際には、釣り具の取扱説明書を参考にしましょう。

ウキが沈んだら、ウキが無い場合でもラインが出て、竿が激しく撓るのでぐわかると思います。
エサがしっかりと魚の口に食い込むまで待ち、ドラグを締めてその後ゆっくりと糸フケ(糸の弛み)を取りながら大きくアワセを入れましょう。すぐにアワセを入れてしまうと、魚がエサを十分に口にくわえられず、軽く引っかかった状態で逃げてしまうことがよくあります。特に、サバや大型のアジなどの大きなエサを使用している場合は、しっかりと喰わせることが重要です。

泳がせ釣りは、手軽に大物の青物やヒラメを狙える釣り方法です。
基本的な仕掛けや釣り方を覚えれば、難しい釣りはありません。
サビキ釣りで小魚が多いエリアには、大型魚も多く潜んでいることがありますので、
ぜひ泳がせ釣りに挑戦してみてください!

関連記事

  1. 【初心者必見】スノーボード3点セット!迷ったらこのメーカー3選

  2. 庭の草刈りに悩んでいる方へ!刈払機の選び方をご紹介します

  3. 【真鯛を釣るため】おすすめのタイラバ 10メーカー 20選

  4. 2023年最も早くオープンするスキー場ランキング

  5. 【サップボード】SUPを安全に楽しむポイント

  6. アウトドア調理の魅力を味わう!おすすめダッチオーブン10選【20…

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る