Sonar Blog

【水筒】選び方とおすすめメーカー10選!

水筒は、日常の必需品からアウトドア活動まで、さまざまな場面で役立つアイテムです。
飲み物を長時間温かく保ったり、冷たく保ったりすることで、
季節や状況に合わせて快適に水分を摂取できます。
しかし、水筒選びは多くの選択肢があるため、どれを選ぶべきか悩むことがあります。

そこで、今回は水筒のおすすめメーカーから10社を厳選してご紹介します。
保温・保冷性能や洗浄のしやすさなど、自分の使用シーンや好みに合わせて、
ぴったりの水筒を見つけてくださいね。

水筒の選び方

水筒の使用目的に合わせて選びましょう。日常使い、アウトドア、スポーツ、オフィスなど、
用途に合わせた水筒を選ぶことが大切です。

開閉方法

水筒の一般的な開閉タイプを詳しく解説します。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプは、片手で簡単に開閉できるタイプです。
一手で操作できるため、忙しいときや運転中に便利です。
飲み口が直接口に触れるため、飲みやすさが高く、
保温・保冷力も優れています。ただし、開閉時に水滴が飛び散ることがあるので、注意が必要です。

スクリュータイプ

スクリュータイプの水筒は、ふたを回して開閉するタイプです。
どの向きからでも飲むことができるため、
使い勝手が良いです。
しっかりとふたを閉めることができるため、
漏れにくい特徴があります。
ただし、開閉に両手が必要なので、運転中や歩きながらの使用は難しいことがあります。

ストロータイプ

ストロータイプの水筒は、ストローを備えており、傾けずに飲むことができます。
これは子供や高齢者に使いやすく、スポーツ時にも適しています。
ただし、ストロー部分の洗浄が面倒な場合があることや、
保温・保冷力が他のタイプに比べて低いことが欠点です。

コップ付きタイプ

コップ付きタイプは、飲み物をこぼしにくくなるメリットがあります。
水筒を傾けて飲む代わりに、コップに注いでから飲むことができます。
ただし、開閉に両手が必要で、他の方法と比べると開閉に手間がかかり、
コップ部分の洗浄が煩わしいことが欠点です。

水筒の開閉方法を選ぶ際には、自分のライフスタイルや使用シーンに合わせて、
使いやすさや洗浄の手間を考慮して選ぶことが大切です。

容量を選ぶ

水筒の容量は、自分の使い方や好きなものに合わせて決めるといいです。
容量を決めるときに気をつけることを簡単に説明します。

どんなときに使うか?

普段使い
仕事や学校、オフィスで水筒を使うなら、350mlから500mlくらいの容量がちょうどいいです。持ち歩きやすくて便利です。

スポーツやアウトドア
スポーツやアウトドアで水筒を使うなら、750mlから1,000ml以上の容量がおすすめです。
水分がたくさん必要なときに役立ちます。暑いところでは大きい水筒がいいです。

子供用
子供には250mlから400mlの容量の水筒がぴったりです。
軽くて小さくて、手に持ちやすいです。

飲む量を考える
だいたい、1回で200mlから300mlの水分が必要です。自分はどれくらい飲むか、それに合わせて容量を決めましょう。

持って行くときに重さを考える
水筒が重すぎないように、容量を決めます。
小さい水筒は軽くてコンパクトですが、大きい水筒は水分をよく飲めます。

温かさや冷たさを考える
温かいものや冷たいものを長く保てる水筒は、季節によって容量を変えるといいです。
寒いときは大きい水筒で温かいものを飲みましょう。
暑いときは大きい水筒で冷たいものを飲みましょう。

自分の好きなものに合わせる
最後に、容量は自分の好きなものに合わせることが大切です。
自分が飲む量を知って、水筒の大きさを見てみることもおすすめです。

水筒の容量は、自分の生活や活動に合わせて決めることが大切です。
ぴったりな容量を決めることで、水筒を楽しく使えます。

保温・保冷性能

水筒の保温・保冷性能は、中に入れた飲み物の温度を一定に保つ仕組みによって実現されます。
この仕組みは、水筒の素材と構造によって異なり、主に熱の移動をコントロールしています。
ここでは、水筒の保温・保冷性能を簡単に説明します。

熱の移動

熱は高い温度から低い温度へと移動する性質を持っています。
この熱の移動には主に3つの方法があります。

伝導:物体同士が直接接触して熱が伝わる方法(例: 鍋を触れると熱く感じる)。

対流:液体や気体が温度差によって動き、熱を伝える方法(例: 沸騰したお湯の上から湯気が上昇)。

放射:物体が電磁波を放出して熱を伝える方法(例: 太陽から地球への熱伝達)。

水筒の構造

水筒は、これらの熱の移動を防ぐ工夫が施されています。
主な構造には以下の種類があります:

ステンレス製真空二重構造
内部と外部を二重の壁で囲み、その間にほとんど空気のない真空を作ります。
これにより伝導や対流、放射を防ぎ、保温・保冷性能が高まります。

プラスチック製断熱二重構造
内外の壁を二重にし、その間に熱を伝えにくい断熱材を配置します。
これにより伝導や対流を防ぎます。

ステンレス製ニ重構造
内部と外部を二重の壁で覆い、中に空気を残します。
これにより伝導や対流をある程度防ぎますが、真空や断熱材入りよりも
性能はやや低いです。

プラスチック製ニ重構造
内外の壁を二重にし、中に空気を含む構造です。
これにより伝導や対流を一重構造よりも効果的に防ぎ、性能が向上します。

水筒の保温・保冷性能は、このような構造と素材の選択に依存しています。
自分の好みやニーズに合った水筒を選ぶ際に、これらの要因を考慮することが重要です。

洗いやすさ

水筒の洗いやすさは、主に口径の広さ、パーツの数、パーツの分解のしやすさによって決まります。

口径の広さ
水筒の口が広い場合、手やスポンジが内部に入りやすく、隅々まで効果的に洗うことができます。
口が狭い水筒は、特別なブラシやボトルクリーナーを使用する必要があります。
通常、5cmから8cm程度の口径が洗いやすいとされています。

パーツの数
水筒内部のパーツの数も洗いやすさに影響を与えます。
パーツが少ない水筒は、分解して洗う手間が少なくて済みます。
逆に、多くのパーツがある水筒は、分解して洗わないと隅々まで汚れを
取り除くのが難しいことがあります。
特にゴムパッキン部分は、カビや汚れが蓄積しやすい箇所です。

パーツの分解のしやすさ
パーツが多くても、簡単に分解できる水筒は洗いやすいと言えます。
一方、分解が難しい水筒は洗いにくいことがあります。
分解の際に力を入れたり工具を使用する必要があると、
水筒を傷つけるおそれがあるため、分解が簡単なデザインが好まれます。

水筒を選ぶ際に、洗いやすさも考慮することが大切です。
自分の使用環境や洗浄方法に合った水筒を選び、清潔に保つことができます。

おすすめメーカー

水筒の選び方は、タイプや容量、素材などによって異なりますが、ここでは保温・保冷力や
洗いやすさなどを重視しておすすめメーカーを紹介します。

THERMOS(サーモス)

サーモスは、真空断熱技術を用いて保温・保冷力に優れた水筒を提供しています。
飲み物の温度を長時間キープでき、アウトドアや通勤などさまざまなシーンで使えます。
まる洗ユニットは、パーツの分解や洗浄が簡単で、衛生的な使用が可能です。
さらに、全パーツ・ボトルが食洗機で洗えるのも便利です。

象印マホービン

象印マホービンは、保温・保冷力に優れつつも、手入れが簡単な水筒を提供しています。
フタとパッキンが一体になった「シームレスせん」を採用しており、分解の手間がありません。
軽量で持ち運びがしやすく、スタイリッシュなデザインが特徴で、日常使いにも最適です。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥2,572 (2023/10/11 16:44時点 | 楽天市場調べ)

タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶は、炭酸飲料に対応した水筒を提供しており、炭酸飲料を楽しむことができます。
開閉時に圧力を下げる仕組みがあり、パーツの破損や吹きこぼれを防止します。
ジュースやアルコールなど、さまざまな飲み物を入れて持ち運びに便利です。

STANLEY(スタンレー)

スタンレーは、アウトドア向けの水筒であり、耐久性と保温・保冷力が高いです。
大容量の水筒も提供しており、アウトドア活動に最適です。
コップ付きタイプや2wayタイプなど、多彩な選択肢があり、アウトドア愛好家に向いています。

KINTO(キントー)

KINTOは、デザイン性に優れた水筒を提供しています。
スタイリッシュでシンプルなデザインが特徴で、オフィスやカフェでの使用に適しています。
素材や形状も多様で、個人の好みに合わせて選ぶことができます。

QAHWA (カフア) 

QAHWAは、コーヒー愛好家向けに設計された水筒メーカーです。
コーヒーの香りや味を損なわない設計で、コーヒー豆の風味を最大限に楽しむことができます。
飲み口が広く、香りが豊かに広がるため、コーヒーサーバーとしても使えます。

mont-bell(モンベル)

モンベルは、登山やキャンプなどのアウトドアブランドとして知られており、
軽量で丈夫な水筒を提供しています。
保温・保冷力が高いため、アウトドアでの使用に適しています。
カラビナ付きやストロータイプなど、多彩なアウトドア仕様の商品も揃っています。

Happy night Rainbow
¥8,708 (2023/10/11 17:05時点 | 楽天市場調べ)

Skater(スケーター)

スケーターは、子供向けの水筒メーカーで、キャラクターものやカラフルなデザインが
充実しています。子供が喜ぶ水筒が豊富で、ストロータイプやワンタッチタイプなど、
子供に使いやすい水筒もあります。

ニトリ

二トリは、水筒を手頃な価格で提供しており、シンプルなデザインで使いやすい製品が揃っています。保温・保冷力も十分にあり、予算に制約のある方に適しています。

Colemanコールマン

コールマンは、アウトドア用品のメーカーであり、
水筒もそのアウトドアシーンに合わせた設計と耐久性が特徴です。
ステンレス製やプラスチック製など、素材も多様で自分に合った水筒を選ぶことができます。

YOCABITO 楽天市場店
¥1,640 (2023/10/11 17:23時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

水筒の選び方

  • 用途に合わせて選びましょう。
    容量、保温性能、開閉タイプ、素材、耐久性、重さ、洗いやすさ、デザインを考慮します。

水筒の保温・保冷性能

  • 保温・保冷性能は伝導、対流、放射を防ぐ構造で実現されます。
  • ステンレス製真空二重構造が最高の性能を提供し、
    プラスチック製断熱二重構造も優れた性能です。

水筒の洗いやすさ

  • 水筒の洗いやすさは口径の広さ、パーツの数、パーツの分解のしやすさに影響されます。
  • 広い口径と分解が簡単な水筒は洗いやすいです。

おすすめメーカー

水筒のおすすめメーカーを簡潔にまとめます。

サーモス: 高い保温・保冷力と洗いやすさが魅力。まる洗ユニットを採用。

象印マホービン: 保温・保冷力に加え、洗いやすさにもこだわり。シームレスせん採用。

タイガー魔法瓶: 炭酸飲料に対応し、圧力を下げて吹きこぼれを防ぐ。多用途に使える。

スタンレー: アウトドア向けで耐久性と大容量を提供。多彩なタイプがあり。

KINTO: スタイリッシュなデザインが魅力。オフィスやカフェで使いやすい。

QAHWA: コーヒー専用で香りと味を損なわず、広い飲み口が便利。

モンベル: アウトドア向けで軽量かつ保温・保冷力が高い。多彩な種類がある。

スケーター: 子供向けでカラフルなデザインが充実。使いやすい子供向けタイプも。

ニトリ: 手頃な価格でシンプルなデザイン。使いやすく保温・保冷力も十分。

コールマン: アウトドア向けで耐久性と機能性が高い。素材も選べる。

これらのメーカーはそれぞれ特長があり、自分の好みや使用用途に合わせて選びましょう。
これらのポイントを考慮して、自分に合った水筒を選びましょう。

関連記事

  1. 【新潟県】下越エリア おすすめスキー場

  2. 【はじめての根魚釣り】初心者にも楽しめる釣り方と必要なタックルの…

  3. 【23-24】スノーボードグローブ選び方とおすすめのグローブ

  4. 【おすすめライフジャケット10選】子供との水遊びを楽しく安全に

  5. 【長野県】東信エリア おすすめスキー場 7選

  6. 【ブリ釣り】冬から春先に活性が高くなるブリを釣るコツ

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る