Sonar Blog

【23-24シーズン】 スノーボード ゴーグルの選び方とおすすめゴーグル

スノーボードのゴーグルは、雪山での視界や目の保護に欠かせないアイテムです。
しかし、ゴーグルの種類や機能は多く、、、
どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、この記事では、スノーボードのゴーグルの選び方とおすすめのゴーグルをご紹介します。
ゴーグルの選び方では、フィット感、レンズの形状や色、レンズ交換のやり方、
ヘルメット対応などのポイントを解説します。
おすすめのゴーグルでは、23-24シーズンに注目されるブランドやモデルをピックアップします。

◆簡単な自己紹介◆
私は、スノーボードのカメラマンとして10年以上の携わっており
オリンピックの選手や国内外で活躍する選手の姿を多く撮影してきました。
ライダーやメーカーやショップなど、スノーボード業界のさまざまな人たちと交流してきました。
このブログでは、私の経験や知識をもとに、皆様に役立つ情報をお届けしたいと思います。

スノーボードのゴーグルの選び方

スノーボードのゴーグルを選び方を簡単に紹介します。
ゴーグルを選ぶときの、参考にしてください

  • フィット感
    国産ブランドや「ジャパンフィット」や「アジアフィット」と表記の
    あるゴーグルは隙間などが、出来にくいためおすすめです

  • レンズの形状
    ゴーグルのレンズは、平面レンズ球面レンズの2種類があります。
    平面レンズは、歪みにくく柔らかいレンズが多いためフィットしやすい。
    球面レンズは肉眼で見る視界に近い丸みを帯びた形状、視野が広い。

  • レンズの色
    天候や好みに合わせて選びます。


  • レンズ交換
    天候や好みに合わせてレンズを変えることができます。
    簡単に変えられるモデルもあるので、おすすめです

  • ヘルメットに対応
    ヘルメットをされる方は、コレは重要です。
    対応されているものは、隙間が出来にくく雪や風が
    入ってこないため、快適です。

おすすめのスノーボードのゴーグル

それでは、23-24シーズンに注目されるおすすめのスノーボードのゴーグルをご紹介します。
各メーカーの最新モデルや人気モデルをピックアップしました。
それぞれのゴーグルの特徴や価格帯を紹介しますので、参考にしてください。

SMITH(スミス)

アメリカ発のブランドで、スノーボードやスキーなどのウィンタースポーツに特化した
ゴーグルを展開しています。
レンズにはCHROMAPOP(クロマポップ)という技術が採用されており、
コントラストや色彩を高めてくれます。
また、レンズの下部がカーブしている4D MAGというモデルは、
視野の下方を広げてくれるのが特徴です。

DRAGON(ドラゴン)

アメリカ発のブランドで、スノーボードやサーフィンなどの
エクストリームスポーツに特化したゴーグルを展開しています。
デザイン性や機能性が高く、多くのプロライダーも愛用しています。
レンズ交換が簡単にできるマグネット式のゴーグルや、
パノラミックな視野を提供するゴーグルなど、革新的な商品が多いです。

ANON(アノン)

アメリカ発のブランドで、スノーボードやスキーなどの
ウィンタースポーツに特化したゴーグルを展開しています。
レンズにはSONAR(ソナー)という技術が採用されており、コントラストや色彩を高めてくれます。
また、レンズ交換が簡単にできるマグネット式のゴーグルや、平面レンズのゴーグルなど、
様々なモデルがあります。

OAKLEY(オークリー)

アメリカ発のブランドで、スノーボードやスキーなどのウィンタースポーツだけでなく、
サングラスやウェアなども展開しています。
レンズにはPRIZM(プリズム)という技術が採用されており、コントラストや色彩を高めてくれます。また、レンズ交換が簡単にできるフレームレスタイプのゴーグルや、
視野が広いフレームレスタイプのゴーグルなど、様々なモデルがあります。

ELECTRIC(エレクトリック)

アメリカ発のブランドで、スノーボードやサーフィンなどの
エクストリームスポーツに特化したゴーグルを展開しています。
レンズにはBROSE(ブローズ)という技術が採用されており、コントラストや色彩を高めてくれます。また、レンズ交換が簡単にできるフレームレスタイプのゴーグルや、
平面レンズのゴーグルなど、様々なモデルがあります。

VONZIPPER(ボンジッパー)

アメリカ発のブランドで、スノーボードやサーフィンなどの
エクストリームスポーツに特化したゴーグルを展開しています。
デザイン性や機能性が高く、多くのプロライダーも愛用しています。
レンズにはWILDLIFE(ワイルドライフ)という技術が採用されており、
コントラストや色彩を高めてくれます。
また、レンズ交換が簡単にできるフレームレスタイプのゴーグルや、平面レンズのゴーグルなど、
様々なモデルがあります。

SHRED(シュレッド)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: brand_top-1024x320.jpg

アメリカのパークシティーを拠点とするスノーボードやスキーの
ゴーグル、ヘルメット、プロテクターのブランドです。
視界が広く、クオリティーの高いゴーグルを提供しており、
レンズ交換も簡単にできるマグネット式のゴーグルが人気です。
ヘルメットやプロテクターには、ノーショックという独自の衝撃吸収素材を使用しており、
世界的な安全基準を満たしています。
スノーボードではテッド・リゲティやケビン・バックストロームなど、
スキーではトム・ウォリシュなど、トップライダーたちにも支持されているブランドです

GIRO(ジロ)

アメリカのブランドで、スノーボードやスキーなどの
ウィンタースポーツに特化したゴーグルやヘルメットを展開しています。
ゴーグルでは、EXV+テクノロジーにより、肉眼と変わらない広大な視界を実現しており、
ZEISS社と共同開発したVIVIDレンズは、コントラストや色彩を高めてくれます。
レンズ交換もマグネット式で簡単にできるモデルが多く、使い勝手の良さも魅力です。
ヘルメットとの相性も抜群で、ヘルメット対応のモデルも豊富です。
世界のトップライダーたちにも支持されているブランドです。

セカンドブランド
¥28,900 (2023/12/26 16:40時点 | 楽天市場調べ)

DICE(ダイス)

日本発のブランドで、スノーボードやスキーなどのウィンタースポーツに特化した
ゴーグルを展開しています。
日本人の顔に合わせたフィット感が高く、アジアンフィットのモデルも豊富です。
レンズにはDICE LENS(ダイスレンズ)という技術が採用されており、
コントラストや色彩を高めてくれます。価格も手頃で、初心者から上級者まで幅広く人気です。

モリヤマスポーツ楽天市場店
¥26,300 (2023/12/26 16:17時点 | 楽天市場調べ)

REVOLT(リボルト)

日本発のブランドで、スノーボードやスキーなどの
ウィンタースポーツに特化したゴーグルを展開しています。
日本人の顔に合わせたフィット感が高く、アジアンフィットのモデルも豊富です。
レンズにはREVOLT LENS(リボルトレンズ)という技術が採用されており、
コントラストや色彩を高めてくれます。価格も手頃で、初心者から上級者まで幅広く人気です。

まとめ

スノーボードのゴーグルは、雪山での視界や目の保護に欠かせないアイテムです。
ゴーグルの選び方では、フィット感、レンズの形状や色、レンズ交換のやり方、
ヘルメット対応などのポイントを押さえてください。
おすすめのゴーグルでは、23-24シーズンに注目されるブランドやモデルをご紹介しました。
自分の好みや予算に合わせて、最適なゴーグルを見つけてください。
スノーボードのゴーグルを選ぶときの参考になれば幸いです

関連記事

  1. 【23-24シーズン】おすすめパウダーボード 16ブランド・27…

  2. 【スノーボード】 23-24シーズン グラトリ最適なボード選び方…

  3. テント選びのポイントとおすすめメーカー12選

  4. 格安ピザオーブン!?尾上製作所ピザオーブン レビュー!

  5. 陸からルアーで釣れる美味しい魚14選を紹介!

  6. 【スキー場レビュー】北志賀小丸山スキー場がスゴイ!

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る