Sonar Blog

【おすすめライフジャケット10選】子供との水遊びを楽しく安全に

夏になると、子供たちと海や川で水遊びをするのが楽しみですよね!
夏休みには、親子で水辺で遊んでいい思い出を作りたいですね。

水遊びはとても楽しいですが、 水の事故には注意しないといけません。

特に小さいお子様たちは、浅いところでも30cmの水でおぼれる危険があります。
だから、ライフジャケットを着けることが大事です。
ライフジャケットがあれば、水遊びを安全に楽しめます。

この記事では、お子様向けのライフジャケットの選び方と、 おすすめの商品をご紹介します。
安全を優先して、素晴らしい夏の思い出を作りましょう!

ライフジャケットの必要性

水遊びを安全に楽しむためには、子供には必ずライフジャケットを着用させましょう。
我が家では、ライフジャケットを着ないと水遊びをさせません。

水難事故は、どこで何しているときに起きるか?

画像引用:ウェザーニュース

水遊びは自信があっても、波や水中での事故には気を付けないといけません。 浅いプールでも、顔が水につかると窒息する危険があります。

水におぼれるとき、人は静かに沈んでしまうことが多いです。 だから、親がそばにいても、子供が水に沈むのに気づくのが遅くなることがあります。

水辺で楽しく遊ぶためには、安全を一番に考えることが必要です

ライフジャケットの着用で死亡率が低下!

  • ライフジャケット着用時…死亡率13%
  • ライフジャケット非着用時…死亡率61%

水遊び中の事故は、親が子供から目を離したわずかな瞬間で起こります。

水遊びは親が子供を見ていないと、すぐに事故になります。

子供を見失わないようにするのが大事ですが、
万が一水に落ちたり波に飲まれたりしたら、
ライフジャケットがあれば、水に沈むことなく浮けます。

ライフジャケットは、体温を下げないようにするだけでなく、
浮力で流されないようにする効果もあります。
そうすると、自分の場所を保ちやすくなって、助かるまでの時間が長くなります。

ライフジャケットの選び方

水辺で遊ぶときは、ライフジャケットを着けることがとても大切です。
水遊びや水上アクティビティをするときは、 子供も大人も必ず着用しましょう。

ライフジャケットの種類

ライフジャケットには大きく分けて2つの種類があります。
浮力式ライフジャケットと膨張式ライフジャケットの2種類になります

浮力式ライフジャケット    
 浮力式ライフジャケットは、中に浮力体が入っていて、強い浮力を持ちます。    
 安全性が高く、色々な場所で使われています。    
 丈夫ですが、かさばることがあります。    
 正しく着けることが必要で、股下ベルトの使い方や調節方法を覚えましょう。

 メリット:強い浮力で安心できるしメンテナンスが楽    
 デメリット:かさばるし着ていると動きにくい

・膨張式ライフジャケット    
 膨張式ライフジャケットは、危険なときに炭酸ガスでふくらむ仕組みです。
 ひもを引いて自分でふくらませるタイプと、水に入ると自動でふくらむタイプがあります。
 小さくて軽くて、動きやすいのが特徴です。    
 でも、扱いが少し難しくて、ふくらまないことがないようにメンテナンスが必要です。

メリット:小さくて軽くて動きやすく、着脱が簡単    
デメリット:浮力式より安定しないしすっぽ抜けることがある          
      メンテナンスが必要

子供には浮力式ライフジャケットがおすすめです。
子供が突然の事態でも、着てるだけで浮力が出る
浮力式ライフジャケットがおすすめです。
ライフジャケットさえ着ていれば、万が一の際に浮いているので
溺れる心配がなく、遊んでいても安全が守られます。

浮力式ライフジャケットサイズ

ぴったりのサイズ 子供の体に合うサイズを選びましょう。
ライフジャケットがきつくなくて、でも大きすぎないくらいがいいです。

サイズが大きすぎる…
ライフジャケットだけが浮いてしまって、脱げてしまうこともある

サイズが小さすぎる…
浮力が足りなくて、沈んでしまうこともある

浮力式ライフジャケットの色や機能

目立つ色やデザイン
黄色や赤、オレンジなど、よく見える色がおすすめです。
もしも遠くに流されてしまったときには、 反射板がついているタイプが安全です。
これだと、夜の捜索のときに反射板が光を反射して 見つけやすくなります。

股下ベルト
このベルトは、ライフジャケットを着るときに太ももの間に通す部分です。
股下ベルトをちゃんと調整することで、ライフジャケットが上下に動いたり、
脱げたりするのを防げます。

さらに、股下ベルトがあると、ライフジャケットが体にぴったりして 浮力を最大限に使えて、
水中で安定します。

子供・幼児 おすすめライフジャケット10選

【BLUESTORM】ヒューぺBSJ-2121

小型船舶用救命胴衣 幼児用 Type Aのライフジャケットです。
船釣りにも対応します。
バックルを留めて、ベルトを締めるだけ。着せてあげるのも簡単です。
水辺でのお子様の安全をお手伝いします。

万が一、うつ伏せで落水しても反転する性能を備えています。(幼児用のみ)

ブルーピーター
¥4,950 (2023/08/25 16:25時点 | 楽天市場調べ)

【X’SELL(エクセル)】 NF-2380 ジュニア(キッズ)フローティングベスト

遊びや海水浴、アウトドアの必需品!フローティングベスト。
サイズも豊富で、90〜160cmまで対応。幼児、小学生、中学生も着用できます。
災害用に備える方も多くいらっしゃいます。

【機能】
・前面ファスナーとバックルでお子様の身体をしっかりホールド!!
・抜け落ち防止の股ひも付き。
・小物の収納が可能なスナップボタンポケット付き。
・もしもの時に安心な笛付き。

【モンベル】浮くっしょん Kid’s 

東日本大震災の津波被害を契機に考案されたライフジャケットです。
浮力体には耐久性と柔軟性に優れ、高い浮力を発揮する高性能な素材を採用。
緊急時の備えとしてだけでなく、水辺でのアクティビティにも活用していただけます。
本体には装着手順が大きくプリントされており、はじめて使う方でも簡単・確実に装着できます。
緊急用ホイッスルが付属します。

オフィスマーケット
¥6,441 (2023/08/25 16:38時点 | 楽天市場調べ)

【ヘリーハンセン】ヘリーライフジャケット(キッズ)

国土交通省型式承認品で、小型船舶用救命胴衣(TYPE D)の基準に適合した子供用ライフジャケット。
体重15-25kgまで対応するジュニアサイズで、水遊びでの安全性を配慮できます。
引き裂きに強い400デニールのポリエステルオックス生地にすることで、耐久性が向上。
さらにバックルやファスナーの強度も高めています。
カラーは海上で見えやすく、デザイン性も備えた配色で展開。
肩部分にはリフレクターを配置し、さらに視認性を高めています。
ずり上がり防止のレッグループを配し、サイドベルトでアジャスト可能。
内側のポケットにホイッスル付き。

キャプテンスタッグ】フローティングベスト幼児用 US-3014 HULA

●サイズ/52×30×8cm
●適応サイズ目安(約)/身長:85~95cm、胸囲:60cmまで、体重11~18kg
●材質/表面生地素材:ポリエステル、浮力体:ポリエチレンフォーム、ベルト:ポリエステル

フィッシングマックス楽天市場店
¥3,930 (2023/08/25 16:50時点 | 楽天市場調べ)

キャプテンスタッグ】シーサイドフローティングベスト2 子供用 ブルーMC-2553

■その他:適応サイズ/身長:130~150cm、体重:30~45kg
■カラー:ブルー
■原産国:中国

【FINE JAPAN】フローティングベスト FV-6116

川遊びや海でのレジャーに必須アイテム。
笛が付いているので何かあったときは笛でお知らせが可能です。
安心の股下ベルト付き。
フローティングベストは、体にピッタリ合うサイズを選び、正しく着用しましょう。

DAIWA】チャイルドフローティングベストDF-3921

水辺レジャーから船釣りまで幅広く対応。国土交通省型式承認のチャイルドモデル。

■国土交通省型式承認品(小型船舶用救命胴衣TYPE-A)
小児用小型船舶用救命胴衣TYPE-Aのライフジャケット。バックルを留めて、ベルトを締めるだけで着せつけが簡単。調整幅を大きく取ることで成長の早いお子様にも対応。

■高反射リフレクター
桜マークに適合する高反射リフレクタープレートを搭載。
夜間の落水遭難ではリフレクターの再帰度(反射度)が生死を分かつキーポイントになります。

つり具やすや 楽天市場店
¥6,138 (2023/08/25 17:26時点 | 楽天市場調べ)

【SHIMANO(シマノ)】キッズボートベスト VE-099V

キッズ用ライフジャケットがボ ートに対応

■国土交通省型式承認品(船検対応)
Type A
■調整や着せ付けも簡単なフロントバックル
■肩部に2カ所、反射材を採用
■万一の時を想定したホイッスル付き

つり具やすや 楽天市場店
¥6,600 (2023/08/25 17:28時点 | 楽天市場調べ)

【オーシャンライフ】オーシャンJr-1S

子供も安心して海のレジャーを楽しむには、
国土交通省認可の安全性の高いライフジャケットを着用させる事が必須です。
船舶検査対応済みの安心の小児用ライフジャケットを着用して
マリンアクティビティ―を楽しみましょう。
子供が万が一落水した際に脱げないように股ベルトが付いています。

我が家は、このライフジャケットを使用しています。

さいごに

水辺で遊ぶときは、子供にライフジャケットを着せましょう。

水の事故を防ぎ、安全を高めます。
子供のサイズやデザインに合ったものを選び、目立つ色や反射板、
股下ベルトのあるものがおすすめです。
浮力式ライフジャケットは急な状況にも対応できますが、
正しく着けることとメンテナンスが必要です。
桜マークのついたものは安全性が保証されています。
小型船舶に乗るときは必ず着用しましょう。
子供の安全のために、ライフジャケットの選び方と着け方に注意しましょう。
安全に楽しみましょう。

関連記事

  1. 大人気!管理釣り!直江津港 第3東防波堤に行ってみた!子連れに最…

  2. 庭の草刈りに悩んでいる方へ!刈払機の選び方をご紹介します

  3. 家族みんなで楽しむ!長野県の人気キャンプ場10選

  4. ズボラでもできる!スノーボードウェアの洗濯・お手入れ方法

  5. 【24-25】NOVEMBER 新登場のパウダーボード 2選

  6. 子供のスノーボードデビュー!子供と一緒に滑るときのポイントと持ち…

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る