Sonar Blog

【ブリ釣り】冬から春先に活性が高くなるブリを釣るコツ

ブリは、、、、
釣りをやっていたらいつかは釣りたい魚種の1つですね
日本各地で楽しめる大型の回遊魚です。
冬季に特に活発が上がるので、船や岸からも釣ることができます。
ジギングやルアー釣り、船上のビシ釣り、そして岸からのカゴ釣りなど、
ブリを狙う方法は、いろいろあるので少し紹介します。

ブリの特徴と呼び名

ブリは青物の仲間で、その特徴は紡錘形の銀色に輝く体と、
背びれに見られる黒い斑点です。

サイズによって呼び名も変わり、
20-40cmのものはワカシ(関西ではツバス) 
  ↓
40-60cmはイナダ(関西ではツバス) 
  ↓
60-80cmはワラサ(関西ではメジロ)

と呼ばれます。
それ以上の大きさのものがブリとされています。

ブリを釣る方

ブリの釣り方にはさまざまな種類があります。
それぞれの釣り方を簡単に紹介します。

まずは、ルアーでブリを狙う場合は、
メタルジグやトップウォーターで狙えます。
それぞれの釣り方を簡単に紹介します。

メタルジグの釣り方

メタルジグを使用する際は、まず適切なジグの重さを選びます。
船や堤防からのジギングでは、水深や潮の流れに応じて適切なジグの重さを選択しましょう。
ジグをキャストしたら、ロッドを上下にジグさせるような動きでリールを巻きます。
これによってメタルジグは水中で魚の餌として認識され、ブリの興味を引くことができます。
ジグさせながらリールを巻くというアクションを繰り返し、ブリのアタックを誘発します。
注意が必要なのは、ジグを沈ませたり引き上げたりする際に、
ブリの好む動きに合わせることです。

トップウォーターの釣り方

トップウォーターを使った釣りは、水面でのアクションが特徴的です。
ポッパーやペンシルなどのトップウォータールアーを選んだら、
まずは船から波間やナブラにキャストします。
キャスト後、ロッドを横に振りながら緩やかにリールを巻くと、
ルアーが水面で波紋や音を立てます。
これによってブリの興味を引きつけ、水面でのバイトを誘発します。
水面バイトは非常に興奮度が高く、観察しやすいのが魅力です。
ただし、アワセは慎重に行い、フックが外れないよう十分な注意が必要です。
トップウォーターの釣りは、ブリとのエキサイティングな対決を楽しむ絶好の方法です。


遠投カゴ釣り
(餌)

遠投カゴ釣りでは、まずビシカゴにコマセを詰め、エサにはオキアミやイカなどを使用します。
堤防から遠くのポイントにカゴを投げ入れ、コマセを振ってブリのアタリを待ちます。
ブリは警戒心が強いため、アタリは通常小さく感じられますが、感じたら素早く合わせましょう。

中型のブリを狙うこの釣り方では、ラインがテトラや岩にこすれて切れる可能性があるため、
ショックリーダーを十分に長く使うことがおすすめです。
また、ブリが逃げ込まないように引き寄せる際は、力強く操作することが重要です。

泳がせ釣り(餌)

泳がせ釣りは、イワシ、アジ、サバなどの小魚を生きたまま泳がせる方法です。
船から行う場合は、朝早くにエサを釣り、その後ブリの釣りスポットに移動します。
エサ魚を針で鼻や背びれに取り付け、
仕掛けにはフロートやオモリを使用して適切な水深に設定します。

泳がせ釣りは大型のブリを狙うための手法であり、エサ魚の管理や仕掛けの調整が必要です。
ブリがエサに食いついたら急に力強く引っ張ることがあるため、
アワセを強くかけることが成功の鍵です。

ブリの時期

ブリの釣り時期は一年中可能ですが、特に冬から春にかけてが活性が高まります。
この時期はブリが繁殖期で、大型の個体も沿岸に接近します。
低水温により餌の代謝が遅れ、ブリの食欲が増すため、冬季のブリは脂が豊富で味わいも良いです。

冬から春のブリ釣りには、水温と天候に注意が必要です。
水温が低すぎるとブリの活動が鈍り、アタリが少なくなります。
寒波や低気圧が海を荒らす可能性もあるため、釣り日の選定が重要です。
通常、水温が10度以上で安定している日が好条件で、雨や雪の日の方がブリの活性が高まります。
これは雨や雪が水面に落ち、ブリにとって誘惑的なコマセとなり、食欲を刺激するからです。

冬から春のブリ釣りでは、低水温下での釣りに適した色と輝きのあるルアーやエサが効果的です。
ブリの視力が低下しているため、目立つものが重要です。
ブリの反応が鈍いため、ルアーをゆっくりと操作することが求められます。
生きたまま泳がせたり、アピールする動きを与えるエサも有効です。
冬から春のブリ釣りは、状況に応じて慎重に選択肢を考えながら楽しむことが大切です。

まとめ

ブリは大きくて力強く、多くの釣り人にとって魅力的な対象です。
しかし、その臆病でデリケートな性格から、釣り方とタイミングの選定が非常に重要です。
ルアーとエサの両方を使った釣り方が可能で、状況や好みに合わせて選択できます。
特に冬から春にかけては、ブリが活発になり、釣果が期待できる時期です。
挑戦してみて、ブリ釣りの楽しさをぜひ体験してみてください。

関連記事

  1. 【東海地方】冬でも営業してる おすすめキャンプ場 8選

  2. 【群馬県】 エリア別 おすすめスキー場

  3. 【23-24シーズン】群馬県のスキー場の早割シーズン券一覧

  4. 【長野県】東信エリア おすすめスキー場 7選

  5. 美しい景色と楽しいアクティビティ!木崎湖キャンプ場で最高のキャン…

  6. 【新潟県】エリア別 おすすめスキー場

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る