Sonar Blog

釣りの合間に楽しむ:海釣りクイズ30問

海釣りの楽しさや知識が身に着く、3択クイズが30問用意しました。
初級・中級・上級とレベルに合わせて10問あります。
車の中や待機中、釣りの合間にぜひ挑戦してみてください。
これらのクイズを通じて、釣りに関する知識を楽しみながら深めましょう。

海釣りクイズ【3択問題 初級編】

海釣りの3択問題を10問

Q1.海釣りで使う餌の一つは、小さなエビのような動物で、体が透明で光るものです。
   この餌の名前は何でしょう?
   選択:A. サナギ B. イソメ C. サクラエビ


答え B. イソメ
イソメは、海底に住む甲殻類の一種で、エビやカニの仲間です。
体長は約2~5cmで、体は透明で光るので、魚にとって魅力的な餌になります。
イソメは、海釣りでよく使われる餌の一つで、特にヒラメやカレイなどの底物釣りに効果的です。

Q2.海釣りで釣れる魚の一つは、体が細長くて銀色で、口が尖っているものです。
   この魚の名前は何でしょう?
   選択:A. サバ B. サヨリ C. サンマ

答え B. サヨリ
サヨリは、ハゼ目サヨリ科に属する魚の総称で、日本では約30種類が知られています。
体は細長くて銀色で、口は尖っていて、下顎が上顎よりも長く伸びています。
サヨリは、海岸や河口などの浅い水域に生息し、春から夏にかけて産卵のために回遊します。
サヨリは、海釣りで人気のある魚の一つで、ルアーやフライなどの人工餌で釣ることができます。

Q3.海釣りで釣れる魚の一つは、体が丸くて赤色で、目が大きいものです。
   この魚の名前は何でしょう?
   選択:A. マダイ B. メバル C. タイラバ

答え A. マダイ
マダイは、スズキ目タイ科に属する魚の一種で、日本では最も親しまれる食用魚の一つです。
体は丸くて赤色で、目は大きく、鱗は細かいです。
マダイは、沿岸の岩礁や砂泥底などに生息し、春から夏にかけて産卵のために沖合に移動します。
マダイは、海釣りで高級な魚として人気があり、イソメやアオイソメなどの生き餌や、タイラバなどの人工餌で釣ることができます。

Q4.海釣りで使う道具の一つは、針と糸をつなぐ金属の部品で、
   糸が絡まらないように回転するものです。この道具の名前は何でしょう?
   選択:A. スナップ B. スイベル C. シンカー

答え B. スイベル
スイベルは、針と糸をつなぐ金属の部品で、糸が絡まらないように回転する機能を持っています。
スイベルは、魚が餌を咥えて引っ張ったり、餌が水中で回転したりするときに、
糸がねじれて弱くなったり、結び目がほどけたりするのを防ぎます。
スイベルは、海釣りでよく使われる道具の一つで、サイズや形状によって様々な種類があります。

Q5.海釣りで使う道具の一つは、針に餌をつけるための金属の棒で、先端が尖っているものです。
   この道具の名前は何でしょう?
   選択:A. ハリス B. ハリモト C. ハリゴテ

答え C. ハリゴテ
ハリゴテは、針に餌をつけるための金属の棒で、先端が尖っていて、餌を刺すことができます。
餌を針にしっかりと固定することで、魚に餌を奪われたり、餌が落ちたりするのを防ぎます。
ハリゴテは、海釣りでよく使われる道具の一つで、
特にイソメやアオイソメなどの生き餌に適しています。

Q6.海釣りで釣れる魚の一つは、体が平べったくて茶色で、目が両方とも右側にあるものです。
   この魚の名前は何でしょう?

   選択:A. カレイ B. ヒラメ C. マグロ

答え A. カレイ
カレイは、カレイ目カレイ科に属する魚の総称で、日本では約100種類が知られています。
体は平べったくて茶色で、目は両方とも右側にあります。
カレイは、海底に横たわって生活する魚で、砂泥底や岩礁などに生息します。
カレイは、海釣りで美味しい魚として人気があり、イソメやアオイソメなどの生き餌や、
ワームなどの人工餌で釣ることができます。

Q7.海釣りで釣れる魚の一つは、体が細長くて黒色で、ひげがあるものです。
   この魚の名前は何でしょう?
   選択:A. ウナギ B. ドジョウ C. アナゴ

答え C. アナゴ
アナゴは、ウナギ目ウナギ科に属する魚の一種で、ウナギと似ていますが、
体は細長くて黒色で、ひげがあります。
アナゴは、海底の砂泥底に穴を掘って生活する魚で、夜になると餌を探しに出ます。
アナゴは、海釣りで高級な魚として人気があり、イソメやアオイソメなどの生き餌や、
ワームなどの人工餌で釣ることができます。

Q8.海釣りで釣れる魚の一つは、体が丸くて青色で、背びれにトゲがあるものです。
   この魚の名前は何でしょう?
   選択:A. フグ B. カワハギ C. カサゴ

答え A. フグ
フグは、フグ目フグ科に属する魚の総称で、日本では約100種類が知られています。
体は丸くて青色で、背びれにトゲがあります。
フグは、危険を感じると体を膨らませて敵を威嚇することができます。
フグは、海釣りで珍重される魚で、イソメやアオイソメなどの生き餌や、
ルアーなどの人工餌で釣ることができます。
ただし、フグは毒があるため、専門の許可が必要です。
安全な調理や食事のために、専門店で召し上がるか、免許を持つ人にお願いしましょう。

Q9.海釣りで使う道具の一つは、針に餌をつけるための人工のもので、
   色や形で魚をおびき寄せるものです。この道具の名前は何でしょう?
   選択:A. ルアー B. フライ C. ワーム

答え A. ルアー
ルアーは、針に餌をつけるための人工のもので、色や形で魚をおびき寄せる機能を持っています。
ルアーは、魚の餌や小動物を模したものや、光や音で魚の注意を引くものなど、
様々な種類があります。
ルアーは、海釣りでよく使われる道具の一つで、特にサヨリやサバなどの回遊魚や、
フグやカサゴなどの底物釣りに効果的です。

Q10.海釣りで釣れる魚の一つは、体が大きくて白色で、歯が鋭いものです。
    この魚の名前は何でしょう?
    選択:A. サメ B. クジラ C. イルカ

答え A. サメ
サメは、サメ目サメ科に属する魚の総称で、日本では約100種類が知られています。
体は大きくて白色で、歯は鋭く、鰭は5枚あります。
サメは、海の頂点捕食者として知られ、魚やイカなどを食べます。
サメは、海釣りで希少な魚として人気があり、イソメやアオイソメなどの生き餌や、
ルアーなどの人工餌で釣ることができます。
ただし、サメには危険があるので、釣ったときは注意が必要です。

 

海釣りクイズ【3択問題 中級編】

Q1.サバやアジなどの青物を狙うときに使われるルアーの一種で、
  金属製の板状のものを何というでしょうか?
  選択:A.ジグ  B.スプーン  C.ミノー

答え A.ジグ
ジグは、水中で横に揺れながら沈むことで、
魚の注意を引くルアーです。青物はジグに対して攻撃的に反応することが多いです。

Q2. 海釣りでよく使われるオモリの形状で、円錐形のものを何というでしょうか?
    選択:A.ハリマキ  B.ハリケーン  C.ハリセン

答え C.ハリセン
ハリセンは、円錐形のオモリで、水流に対して抵抗が少なく、素早く沈めることができます。
ハリセンは、海底付近での釣りに適しています。

Q3. 海釣りで釣れる魚の中で、最も大きいとされるのは何でしょうか?
    選択:A.シャチ  B.マグロ  C.ジンベエザメ

答え C.ジンベエザメ
ジンベエザメは、世界最大の魚で、体長は約12メートル、体重は約20トンにもなります。
ジンベエザメは、海釣りで釣れることはほとんどありませんが、稀に釣り上げられた例があります。

Q4. 海釣りで釣れる魚の中で、最も小さいとされるのは何でしょうか?
  選択:A.ミジンコ  B.ヒメダカ  C.ヒメジ

答え C.ヒメジ
ヒメジは、体長が約1.5センチメートルと、海水魚の中では最も小さいとされます。
ヒメジは、サンゴ礁の近くに生息しており、色鮮やかな模様を持ちます。

Q5. 海釣りで釣れる魚の中で、最も高価なのは何でしょうか?
      選択:A.クロマグロ  B.クエ  C.トビウオ

答え A.クロマグロ
クロマグロは、寿司や刺身などの高級食材として人気があり、市場で高値で取引されます。
2023年1月には、東京の築地市場で、276キログラムのクロマグロが3億円で落札されました。

Q6. 海釣りで使われるオモリの種類で、魚の形をしたものを何というでしょうか?
       選択:A.フィッシュ  B.ヘラ  C.ハゲ

答え B.ヘラ
ヘラは、魚の形をしたオモリで、水中で泳ぐように動くことで、魚の興味を引きます。
ヘラは、魚の群れに紛れ込ませる釣りに適しています。

Q7. 海釣りで釣れる魚の中で、最も美味しいとされるのは何でしょうか?
       選択:A.アイナメ  B.カレイ  C.ヒラメ

答え C.ヒラメ
ヒラメは、平べったい体型の魚で、左目が右側に移動しています。
ヒラメは、白身の肉が柔らかくて甘みがあり、刺身や寿司、天ぷらなどにして食べられます。
ヒラメは、高級魚としても知られています。

Q8. 海釣りで使われる釣り糸の太さを表す単位で、
      1号が約0.165ミリメートルに相当するものを何というでしょうか?
      選択:A.ポンド  B.ペガス  C.号

答え  C.号
号は、日本で使われる釣り糸の太さを表す単位です。
1号は約0.165ミリメートル、2号は約0.185ミリメートル、3号は約0.205ミリメートルというように、
号数が増えると太さも増えます。
釣り糸の太さは、釣り場や魚の種類によって選びます。

Q9. 海釣りで釣れる魚の中で、最も毒性が強いとされるのは何でしょうか?
       選択:A.フグ  B.ハリセンボン  C.オニオコゼ

答え C.オニオコゼ
オニオコゼは、背びれや尾びれに毒針を持つ魚で、
刺されると激しい痛みや発熱、吐き気などの症状が出ます。
オニオコゼの毒は、フグやハリセンボンの毒よりも強力で、場合によっては死に至ることもあります。オニオコゼに刺されたら、すぐに医療機関に行く必要があります。

Q10. 海釣りで使われるルアーの一種で、羽根や毛などで作られたものを何というでしょうか?
        選択:A.フライ  B.ジグ  C.ミノー

答え A.フライ
フライは、羽根や毛などで作られたルアーで、水面や水中で虫や小魚などを模した動きをします。
フライは、トラウトやサーモンなどの川魚に効果的ですが、海釣りでも使われることがあります。

海釣りクイズ【3択問題 上級編】

Q1.海釣りで「ハリス」とは何のことでしょうか? 
     選択:A. 針のこと B. 糸のこと C. 餌のこと

答え B. 糸のこと
ハリスとは、針と本糸をつなぐ糸のことで、本糸よりも細くて強いものを使います。
ハリスが細いと魚に見えにくくなり、釣果が上がる可能性が高まります。

Q2.海釣りでよく釣れる「アジ」の学名は何でしょうか?
      選択:A. Trachurus japonicus(トラクルス ジャポニカス)

         B. Scomber japonicus(スコンバー ジャポニカス)
         C. Sardinops melanostictus(サルディノップス メラノスティクタス)

答え A. Trachurus japonicus
アジの学名は、Trachurus japonicus(トラクルス ジャポニカス)といいます。
アジはサバ科に属する魚で、日本では太平洋や日本海に広く分布しています。
アジは別名「マアジ」とも呼ばれ、英語では「Japanese horse mackerel」と呼ばれます。
他の魚は、以下のようになります。日本の海で一般的に見られる魚です
B. Scomber japonicus(サバ)
C. Sardinops melanostictus(イワシ)

Q3.海釣りで「タイラバ」と呼ばれる釣り方はどんなものでしょうか?
      選択:A. タイの形をしたルアーを使う釣り方

         B. タイを狙うための重いジグを使う釣り方
         C. タイの鱗を模したラバーを使う釣り方

答え B. タイを狙うための重いジグを使う釣り方
タイラバとは、タイを狙うための重いジグを使う釣り方のことで、
タイのルアー釣りとして人気があります。
タイラバのジグは、タイの好物である甲殻類や小魚を模したもので、
ラバースカートやオクトパススカートなどが付いています。
タイラバのジグは、底から数メートル上げて落とすことで、タイの食いつきを誘います。

Q4.海釣りで「イカメタル」と呼ばれる釣り方はどんなものでしょうか?
      選択:A. イカの形をしたメタルジグを使う釣り方
         B. イカの足を使ってメタルジグを動かす釣り方
         C. イカを狙うためのメタルジグを使う釣り方

答え C. イカを狙うためのメタルジグを使う釣り方
イカメタルとは、イカを狙うためのメタルジグを使う釣り方のことで、
イカのルアー釣りとして人気があります。
イカメタルのメタルジグは、イカの好物である小魚を模したもので、
羽根やフラッシュなどが付いています。
イカメタルのメタルジグは、底から数メートル上げて落とすことで、イカの食いつきを誘います。

 

Q5.海釣りで「ヒラメ」と「カレイ」の見分け方は何でしょうか?
      選択:A. 目の位置と口の形で見分ける
         B. 体の色と鱗の感触で見分ける
         C. 体の形と尾びれの形で見分ける

答え A. 目の位置と口の形で見分ける

ヒラメとカレイは、どちらも左右に平たくなった魚で、目が両方とも右側にあるものを言います。
しかし、ヒラメとカレイは、目の位置と口の形で見分けることができます。
ヒラメは、目が頭の上に寄っていて、口が大きくて斜めになっています。
カレイは、目が頭の横に離れていて、口が小さくてまっすぐになっています。

 

Q6.海釣りで「マグロ」と「カツオ」の見分け方は何でしょうか?
      選択:A. 体の大きさと背びれの数で見分ける
         B. 体の色と尾びれの形で見分ける
         C. 体の形と歯の形で見分ける

答え B. 体の色と尾びれの形で見分ける
マグロとカツオは、どちらも大型の回遊魚で、サバ科に属する魚です。
しかし、マグロとカツオは、体の色と尾びれの形で見分けることができます。
マグロは、体が青みがかった黒色で、尾びれが細長くて二又になっています。
カツオは、体が銀色で、尾びれが幅広くて一又になっています。

Q7.海釣りで「ヒラマサ」と「ブリ」の見分け方は何でしょうか?
      選択:A. 体の色と目の大きさで見分ける
         B. 体の形と背びれの形で見分ける
         C. 体の模様と尾びれの色で見分ける

答え C. 体の模様と尾びれの色で見分ける
ヒラマサとブリは、どちらも大型の回遊魚で、ハマチの仲間です。
しかし、ヒラマサとブリは、体の模様と尾びれの色で見分けることができます。
ヒラマサは、体に黒い縦縞があり、尾びれが黄色になっています。
ブリは、体に黒い斑点があり、尾びれが白色になっています。

Q8.海釣りで「サバ」と「サンマ」の見分け方は何でしょうか?
      選択:A. 体の色と鱗の有無で見分ける
         B. 体の形と口の形で見分ける
         C. 体の模様と背びれの数で見分ける

答え A. 体の色と鱗の有無で見分ける
サバとサンマは、どちらも小型の回遊魚で、サバ科に属する魚です。
しかし、サバとサンマは、体の色と鱗の有無で見分けることができます。
サバは、体が青みがかった銀色で、鱗があります。
サンマは、体が緑色で、鱗がありません。

Q9.海釣りで「カサゴ」と「メバル」の見分け方は何でしょうか?
      選択:A. 体の色と目の色で見分ける
         B. 体の形と口の形で見分ける
         C. 体の模様と背びれの棘で見分ける

答え C. 体の模様と背びれの棘で見分ける
カサゴとメバルは、どちらも底生魚で、スズキ目に属する魚です。
しかし、カサゴとメバルは、体の模様と背びれの棘で見分けることができます。
カサゴは、体に赤や黄色の斑点があり、背びれには毒のある棘があります。
メバルは、体に黒や白の斑点があり、背びれには毒のない棘があります。

Q10.海釣りで「ハマチ」と「ワラサ」の見分け方は何でしょうか?
       選択:A. 体の色と尾びれの色で見分ける
          B. 体の形と背びれの形で見分ける
          C. 体の大きさと歯の形で見分ける

答え C. 体の大きさと歯の形で見分ける
「ハマチ」と「ワラサ」は、どちらも出世魚であるブリの成長過程の呼び名ですが、
地域によって使われる基準が異なります。
一般的には、関東では30cm以下を「ワカシ」や「ワカナゴ」と呼び、
60cmまでを「イナダ」、80cmまでを「ワラサ」と呼ぶことが多く、
関西では30cm以下を「ツバス」、60cmまでを「ハマチ」、80cmまでを「メジロ」
と呼ぶことが多く見られます。
歯の形では、ハマチは歯が細くて鋭いのに対し、ワラサは歯が太くて丸いという特徴があります。
これは、ハマチが小魚やイカなどを捕食するのに対し、ワラサはカニや貝などを割って
食べるためと考えられます。

まとめ

海釣りに関連するクイズを初級、中級、上級の3つのレベルに分けて30問提供しました。
これらのクイズは、釣りの知識を試したり向上させたみてください。
釣りの合間や待機時間を利用して、楽しみながら釣りに関する知識を深めましょう。
安全で楽しい釣り旅行をお楽しみください!

関連記事

  1. スキー・スノーボードツアー!人気な旅行会社10選

  2. ショアジギング【初心者必見!】基本的な釣り方、釣れる魚種と必要な…

  3. 海釣りでの危険生物!毒を持つ生き物 10種

  4. 【23-24シーズン】群馬県のスキー場の早割シーズン券一覧

  5. 2023年最も早くオープンするスキー場ランキング

  6. ズボラでもできる!スノーボードウェアの洗濯・お手入れ方法

おすすめ記事

  1. アウトドア初心者のためのキャンプ持ち物リスト!
  2. 【新潟県】ファミリー&カップルおすすめの釣り場 6選紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る